注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

冬冬dongdong的博客

ようこそ!いらっしゃいませ~

 
 
 

日志

 
 

闲谈东京的上班族生活  

2009-06-19 04:19:22|  分类: 默认分类 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

通勤ラッシュの悲哀

上班高峰期堵車的悲哀

今や東京名物、いや日本名物となった通勤ラッシュ。東京のある路線では、混雜率が200%を悠に超える、異常事態となっている。これは、人に押しつぶされ、身動きが全く取れない狀態を意味する。東京のごく普通のサラリーマンたちは、每日こんな狀態での通勤を余儀なくされているのだ。

現在上班高峰期堵車現象已經成了東京、不,可以是日本的特了。在東京的某條路線上,出現堵車率輕而易舉的就能超過200%的異常現象。這意味著大家都處於人擠人,大家完全無法動的狀態。東京的普通上班族們每天都不得不在這樣的狀態下上班。

 ランチを目標に仕事をがんばる

以午餐為目標努力工作

さて、苦しい通勤ラッシュをくぐりぬけ、やっとの思いで職場に辿り著いたサラリーマンたちだが、なぜか自らの體に異常な重さがあることに氣がつく。どうやら、殺人的な通勤ラッシュのせいで、一日の體力の50%をそこで使い果たしてしまったようである。多くのサラリーマンたちは、あの手この手で自らの體力の回復を圖るが、無常にも、勤務開始時間がやって來てしまう。「そんな」苦しい勤務時間の中で、多くのサラリーマンたちが、唯一の希望を見出すのが「ランチの時間」。勤務開始時刻を9:00とすると、ランチの時刻は12:00なので、3時間も辛抱すれば何とか體を休められるからだ。多くのサラリーマンにとって、「ランチ」とは、勞動という灼熱の砂漠の向こう側に燦然と輝く「夢のオアシス」のようなものなのだ。

在經過了痛苦的上班擁擠之後,終於抵達公司的上班族們總會感覺到一種不同尋常的沉重感。由於痛苦的上班高峰,感覺一天中50%的體力都被消磨掉了,很多上班族本想著要採用這樣那樣的方法來回復體力的,但是緊接著卻是上班時間了。在「如此」痛苦的上班期間,大多數員工唯一的期望就是「午餐時間」了。工作時間如果從9:00開始算的話,由於午餐時間是12:00,所以只要再忍耐3個小時,就可以休息了。對於大多數上班族來說,如果把上班比作炙熱的沙漠的話,那午餐就是沙漠彼方那亮光閃閃的「夢幻綠洲」了


ランチが終わった後の地獄

午餐結束之後的地獄

13:0 0になったら、再び勤務に戾らなければならない。實は、ここからが地獄。というのも、13:00から勤務終了時刻の18:00まで5時間もあるからだ。それに加えて「殘業」という恐るべきどんでん返しが待っている。

到了13:00又得返回繼續工作了。事實上之後的這段時間可以說是地獄。這是因為從13:00開始到下班時間的18:00總共有5個小時。而且之後還有讓人恐懼的「加班」在等待著。

勤務開始からランチまでの3時間と比較して、ランチ後の勤務時間は比べ物にならないくらい長い。そう考えると、これは地獄以外の何物でもない。多くのサラリーマンたちは、苦痛に顏を歪めながら仕事をしなければならないのだ。

從開始上班到午餐時間總共有3個小時,與之相比,午餐過後的上班時間可就長得嚇人了。這樣想來,只能用地獄這個詞來形容了。大多數的上班族都只能帶著因痛苦而扭曲的臉來繼續工作。

(本文部分転載)

  评论这张
 
阅读(136)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

在LOFTER的更多文章

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017